幼児教室は大きく2種類にわけられます。

こんにちは。

神戸市灘区六甲道にある幼児教室、ちゃいるどぎふと幼児教育です。

世の中にはたくさんの幼児教室があり、それぞれが特徴をもったカリキュラムの提供をしていますが、コンセプトはだいたい下記の2種類のカリキュラムに分類できます。

①幼児教育系幼児教室 : 七田チャイルドアカデミーさん、コペルさんなど、幼児教育だけに集中しているカリキュラム。脳関連カリキュラムもここに該当します。

②学習塾系幼児教室  : スクールIEのチャイルド・アイズさん、浜学園さんのはまキッズさんなどなど、学習塾が開発したカリキュラム。公文さんもこちらに該当します。

細かくはチャイルド・アイズさんも英才アカデミーさんという幼児教育のカリキュラムを採用していますが、基本コンセプトはやはり学習塾系だなと感じます。

ちゃいるどぎふと幼児教育はもちろん②の学習塾系幼児教室に該当します。

違いを大まかに説明すると、①は多種多様のレッスンを詰め込み、②は特定のカリキュラムに集中するという違いがあります。

①の幼児教室は、飽きさせないことに重点を置き、教材の多さが売りだったり、楽しませる工夫をたくさんされています。

50分〜70分の間に本当にたくさんのプログラムを用意されていて、目まぐるしくレッスンが進んでいきます。これは幼児の集中力は年齢+1分という考え方で構成されています。

プログラムの1つ1つに『このレッスンはこういう効果があります』と説明出来ますが、どういう成果につながるかという具体的なロードマップはありません。

②の幼児教室は何かしらの成果にコミットするかわりに特定の内容に集中します。

はまキッズさんが近隣では一番顕著で、算数のみに特化した70分間の授業+家庭学習のやり方も細かく指導監督されて、その分中学受験に必要な算数の能力についてコミットします。

学習塾は成績や合格実績など、シビアに成果を求められますので、成果を出すためのカリキュラムというのが大前提になります。

一つのレッスンにいろいろなプログラムを組むのは学習塾からしてみると、「週1時間で英・数・国・理・社の5教科全部の成績を上げてくれ!」と言われているようなもので、現実的には不可能です。

ちゃいるどぎふとの母体であるSSS進学教室は個別指導スタイルの学習塾なので、システム的には上記のようなご要望にお答えすることはできるのですが、『成果を出せない』という理由から、このようなご依頼はお断りしています。(しかし、このご要望は多いのも事実です。)

学習塾系はシビアに成果を求められるので、成果を出せないのにご要望を承れないという考えから、集中するというスタイルになるのは必然だと感じます。

細かい部分でははまキッズさんは家庭学習もみっちりとより成果にコミットするのに対し、ちゃいるどぎふとは教室では集中するが、ご家庭ではのびのびしてくださいとしていたりの違いはありますが(これも統計データに基づきそのようにしています)、基本的に全てを幼児教室でという考え方でないという部分は学習塾系の幼児教室に共通する部分だと思います。

①は、様々な刺激を少しずつ。②は特定の刺激をみっちりと。

それぞれ良いところ、そうでない所があるのでお子様、教育方針にあった幼児教室選びが重要ですし、そのためにはまずそれぞれの幼児教室の情報収集をされることをおすすめします。

ちゃいるどぎふとのカリキュラムは個別の説明会や無料の体験レッスンにて詳しくお伝えしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. 幼児教育ちゃいるどぎふと六甲道教室OPEN

  2. お子様とゆとりと愛情をもって関わっていただける環境をつくりま…

  3. ゆとり教育の失敗(?)から学ぶ幼児教育無償化

  4. 幼児教育はなぜウソがまかり通るのか。

  5. 夏期講習が始まります!

  6. AI時代を生き抜くために

PAGE TOP