お子様とゆとりと愛情をもって関わっていただける環境をつくります。

幼児のうちしか身につかないことがあるらしいよ!
あれも、これもしなくちゃ!
お勉強を教えるってどうすれば?!
絵本の読み聞かせも!運動もさせないと!
絶対音感も今しかできない?
ママ友との付き合いもあるのに・・
食育だって大変!遊びにもいっぱい連れていかないと
いけないし・・・お友達との遊びも大事か・・
あー英語はどうしたらいい?

幼児期の教育はお勉強だけでも遊びだけでも十分ということはなく、

バランスよくいろいろな刺激をあたえる必要があります。
でも、全部をご家庭でやるのはとても大変!

しつけ、情操教育、運動、音楽、芸術、巧緻性、数、図形空間、言語、社会性・・・

脳科学、発達心理学、医療、保育、栄養管理・・・

ご家庭でしらべてる間にこどもたちは育っちゃいますよね・・・。

ぜひ、幼児教育ちゃいるどぎふと 六甲道教室に専門性の高い「知能教育」部分ををお任せください。
ご家庭の教育に関する負担、ストレスをへらし、その分ご家庭では、お子様が興味をもつことを追求出来る環境をつくって好奇心を満たしてあげたり、いっしょに遊んで愛情をたっぷり伝えてあげたり、幼児期の大切な時期をご家庭で笑顔で過ごしていただくことが、子どもたちのよりよい発達につながると考えています。

関連記事

  1. 基礎的な母国語は満8歳で完成する。

  2. IQはチョコレートで20上がる。(カルビアンエドランドの実験…

  3. ちゃいるどぎふとの識字カリキュラムでは、データに基づき文字を…

  4. 幼児期にしか学べない速読・瞬間記憶という謎のスキル

  5. 幼児教育はなぜウソがまかり通るのか。

  6. 小学校受験コースも本格始動!

PAGE TOP